集落を囲むように六つのヘリパッドが造られた東村高江区で、米軍機による60デシベル以上の騒音発生回数が、2017年度の12月末時点で8144回と、前年同時期を428回上回っていることが沖縄防衛局の調べで分かった。