世界各国の10〜30代の県系人が一堂に集まる「第6回世界若者ウチナーンチュ大会ペルー・2018」(主催・同実行委員会、共催・ペルー沖縄県人会)が6〜10日、ペルー・リマで開かれた。沖縄やアルゼンチン、ブラジル、ペルー、米国などから参加した約100人の若者が交流を深めた様子を写真で振り返る。(仲宗根フェルナンド通信員撮影)[ワールド通信員ネット]

ウチナーンチュネットワーク強化討論会で、活発に意見を交わす=10日

にぎわったオープニングセレモニー=6日

1899年に初めて日本人の移民が着いたセロ・アズル港で移民の歴史の勉強をする=8日

世界芸能フェスタでは各地域の多彩な芸能が披露された=7日

ウチナーンチュネットワーク強化討論会で、活発に意見を交わす=10日
にぎわったオープニングセレモニー=6日 1899年に初めて日本人の移民が着いたセロ・アズル港で移民の歴史の勉強をする=8日
世界芸能フェスタでは各地域の多彩な芸能が披露された=7日