沖縄県商工労働部は、沖縄を訪れる観光客の消費を増やすため、県内飲食店のキャンペーンや物産イベントを支援している。県産マンゴーや久米島産車エビなどのPR事業に1千万円を助成する。県産食材の料理法や産地の情報などを発信、消費拡大につなげる。

県商工労働部の県産品消費拡大事業に採択された事業者ら=20日、県庁

 南城市産ハーブ、勝連漁協のモズク、沖縄そばなどの販売促進やPRイベントの7事業を採択した。10月から来年2月にかけて、それぞれ事業を展開する。