来年6月に予定されている県議選に向け、那覇市議の仲松寛氏(52)(新風会)が、23日までに那覇市・南部離島区(定数11)から立候補する意向を固めた。仲松氏は「新基地建設反対の立場を明確にし、翁長県政を支えていきたい」と述べた。

仲松寛氏

 1962年11月生まれ、那覇市出身。沖縄大学法経学部卒。2008年の那覇市議補選で初当選し、現在3期目。14年の県知事選で自由民主党新風会(当時)として翁長雄志氏に出馬要請したことで、自民党県連から除名処分を受けた。