高気圧に覆われ晴れ間が広がった19日、南城市玉城の奥武島では大城茂政さん(64)がクバ笠(がさ)で暑さをしのぎながら、青々としたアーサの収穫に追われていた。「今年のアーサはいい感じで成長している。今が収穫のピーク」と笑顔で話した。 この日の那覇市の最高気温は23・7度で、4月中旬並みの陽気だった。