県中小企業団体中央会(津波古勝三会長)は19日、1月の業界別景況動向を発表した。業況判断指数(DI)は、全業種(22業種)でマイナス9・1と前月と同じだった。青果卸売業が販売価格の上昇で売り上げを伸ばすなどし、非製造業は改善したが、製造業は、印刷・同関連業の受注減少などで低下した。