【名護】ブラジル出身で名桜大学に留学中の県系3世、金城・ビアンカ・光さん(20)がこのほど、留学生で初めて、同大学国際学群の入学試験に合格した。祖父母が暮らした沖縄で本格的に語学などを学び、「ブラジルと沖縄の懸け橋になりたい」と将来像を描く。