国の訴状の特徴は、都道府県知事が持つ埋め立て承認権限を過度に軽視していることだ。国防・外交に関する審査は、法的瑕疵(かし)があろうとなかろうと国に従うべきだとも読める高圧的な論理展開をしている。