4日の名護市長選で与野党の立場が入れ替わった後の初の市議会は、波乱の幕開けとなった。与野党双方が副議長の席を押し付け合う異例の選挙が繰り返された。混乱の背景には、副議長選の後に想定される議長辞任と、それに伴う議長選を見据えた双方の思惑がある。