沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らの抗議が続くキャンプ・シュワブゲート前で25日朝、毎週水曜の議員行動に合わせて400人以上が集まった。座り込みは午前6時半から始まり、午前8時半まで基地内への工事車両の進入は確認されていない。

新基地建設反対の抗議行動に参加する島ぐるみ会議の呉屋守將共同代表(中央)と市民ら=25日午前7時半、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 翁長雄志知事の埋め立て承認取り消しを米市民や議員に伝えるため訪米した島ぐるみ会議の呉屋守將共同代表らもゲート前を訪問。訪米の成果を報告すると同時に「皆さんの辺野古反対の波は海を越えて米国まで届いている」と現場での行動を激励した。