第11回おきなわ文学賞(主催・県文化振興会)の入選作品が25日発表され、小説部門で最高賞にあたる県知事賞(一席)に、うるま市のタクシー乗務員仲本誠一郎さん(61)の「栄造」が輝いた。

仲本誠一郎さん(後列左)ら県知事賞受賞者4人と県文化振興会の平田大一理事長(前列中央)ら審査員たち=那覇市・県文化振興会

 ことしは小説、シナリオ・戯曲、随筆、詩、琉歌、短歌、俳句、伝統舞台(組踊・沖縄芝居)戯曲、漫画・漫画原作の9部門に、県内外から計311点の応募があった。一席は仲本さんのほか、随筆で那覇市の上地庸子さん(27)の「孤高と心中した人」、琉歌で名護市の上原仁吉さん(72)、短歌で八重瀬町の会社員久手堅稔さん(73)、俳句で北中城村の山城発子さん(64)が選ばれた。

 詩や漫画など4部門には該当者がいなかった。入選作品は来年2月をめどに、ホームページ上で公開される。