【南城】2015年度南部消防総合訓練(主催・南部消防長会、南部消防協議会)が20日、ユインチホテル南城で開かれた。島尻消防本部など6消防本部や消防団など約70人が参加し、火災発生後の初動対応や被害者の搬送などを本番さながらに行った。

 訓練はホテルの調理室から火災が発生したと想定。ホテル従業員20人も参加し消防署への出動要請や安全確保、避難誘導を行った。消防署の要請で浦添市からドクターヘリも駆け付けて訓練に協力した=写真。

 同ホテルアシスタントマネージャーの大工定恵さん(42)は「施設が大きいため、もし火災が起きた場合は誘導や避難にしっかり対応できるようにしたい」と話した。糸満市消防本部の賀数淳消防長は「絶対火災を起こさないという気持ちで日ごろの訓練に取り組んでほしい」と強調した。