【東京】防衛省は名護市辺野古の新基地建設について、渡具知武豊市長に直接説明するため、23日に担当の幹部職員を送る方向で調整していることが分かった。 小野寺五典防衛相は20日の記者会見で日程は調整中とした上で、「(米軍普天間飛行場の)辺野古への移設について、ご理解をいただきたいと思っている」と述べた。