県は、県営住宅の入居者で、家賃を滞納したまま退去し、その後の所在地が不明なため、家賃回収が困難と判断した件数と金額をまとめた。回収ができなくなっているのは767件で、滞納者への債権総額は4億円を上回った。