久米島の久米仙(久米島町、島袋正也社長)は20日、豊見城市の沖縄空手会館で、琉球泡盛「空手」の売り上げの一部を沖縄伝統空手道振興会(喜友名朝孝理事長)に寄付した。 泡盛「空手」は昨年5月から販売を始め、10月には第2弾となる「空手 35度7年古酒」も販売。