サッカーJリーグの村井満チェアマンが25日、県庁を訪れ、翁長雄志知事に来季の「Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップ」の沖縄開催決定を報告した。

翁長雄志知事(右)に来年1月の大会開催を報告したJリーグの村井満チェアマン=県庁

 同大会はシーズン前のトレーニングマッチで、各チームの準備状況をファンにアピールすることを目的に今年から宮崎、鹿児島の両県でスタート。来年は1月下旬から2月上旬に開催予定で、多くのJクラブがキャンプを行う沖縄も開催地に加えられた。

 村井チェアマンは「温暖な気候が沖縄の魅力。一流のプレーを見せることで、沖縄の選手たちのレベルアップに貢献したい」と説明した。翁長知事は「開催は光栄。子どもたちが希望を持つと思う」と歓迎した。

 大会概要は12月中に決定する。12チームほどの参加を見込んでいる。