2015年度沖縄県文化功労者表彰式が26日、県庁講堂であり、県は芸術文化の振興や文化財保護などに尽力した1団体、15個人を表彰した。

県文化功労の表彰者ら=沖縄県庁講堂

 受賞者を代表し、高志保馬舞んまめー保存会の山城透会長は「ふるさとに馬舞を創造し根付かせた先人と、絶やさず継承してきた先輩たちに敬意と感謝を申し上げたい」とあいさつ。空手・古武術で表彰された宮城驍(たけし)さんは「戦後復興の原動力となったのが沖縄独特の文化。受賞は素直にうれしい」と喜びをかみしめた。

 前田光幸文化観光スポーツ部長は「県は平和で安らぎと活力ある文化薫り高い島を目指し、積極的に取り組んでいく。今後も文化振興発展にお力添えを賜りたい」と知事の祝辞を代読した。