大陸高気圧の影響で北よりの風が強く吹いた26日、沖縄県内ほぼ全域で今季最低気温を記録した。日最低気温は国頭村奥で14・4度、渡嘉敷村で14・5度を観測するなど各地で前日より3度から5度ほど下がり、一気に冷え込んだ。

冷たい風が吹きつける中、厚着で身を包み通勤する人たち=26日午前8時すぎ、那覇市久茂地(松田興平撮影)

 那覇市のパレットくもじ前では同日午前、マフラーやジャケットなど厚着姿で通勤する人たちが目立った。

 沖縄気象台によると、27日まで寒くなるが、28日から再び気温が高くなる見込み。12日2日からの1週間も、平年より1・9度以上高くなる可能性があるとして26日、「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表。農作物の管理などに注意を呼び掛けている。