【名護】選挙で新基地建設反対の候補が勝ち続けても、国の手法は変わらなかった。15日、建設に向けた作業が再開された名護市辺野古。抗議する市民を、海上では海上保安庁が拘束、陸では県警がごぼう抜きにし、けが人も出た。民主的に示された圧倒的な民意を踏み付け、「国策」が進む。

歩道まで封鎖する機動隊の警備に対し、抗議する市民=15日午前8時すぎ、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前(古謝克公撮影)

 「あなたたちが守るべきは県民じゃないのか」。新基地建設再開に対し、米軍キャンプ・シュワブ前では14日深夜から15日未明にかけ、搬入を阻止しようと駆け付けた約100人の市民の前に、機動隊など県警約120人が立ちはだかった。

 警察官が「人の鎖」をつくり道路を一時封鎖するなど異常な事態も起きる中、大型クレーン車など計8台が午前2時までに基地内へ運び込まれた。

 午前1時40分すぎ、旧ゲート前に工事車両が着くと、市民らは「とにかく止めろ」と一斉に走り出し、1人が先頭のクレーン車の前で手を広げ立ちふさがった。だが、県警がすぐに排除。激しい抗議の声の中、車両はあっという間にゲート内へ消えた。

 この前後にも、県警は搬入阻止を試みる市民らをたびたび強制排除した。

 14日午後11時57分ごろは旧ゲートの鉄板上にいた市民らを次々とごぼう抜き。15日午前0時半には、国道329号の旧ゲートと新ゲートの間を横切る形で警察官約50人が2列になり、抗議行動を分断するように「人の壁」で道路を封鎖。「何の権限で公道の移動を制限するのか」と抗議する市民らと警察官とのにらみ合いは、1時間以上も続いた。

 また、15日早朝から新ゲート前で座り込みを始めた市民らに対しても、午前7時15分すぎから排除を開始。シュワブの通勤時間帯とも重なったため、ゲート前の国道は一時約50台の車両で渋滞して混乱に拍車を掛けた。

 県警はこの時排除した50人近い市民を、数十人の警官と機動隊バス2台が壁となる形で歩道の一角に封じ込めた。

 有無を言わさぬ県警の実力行使に、沖縄平和運動センターの山城博治議長は「ゲートから基地内に突っ込んででも工事を止めねばならない」と憤った。

 一方、女子大学生(20)はごぼう抜きの混乱の中、「私たちの話を聞いて下さい」と目の前の警察官に語り掛けた。「市民を邪魔扱いしないで」。何回もの呼び掛けに、警察官は目頭をこすって空を見上げた。