防衛省が石垣市へ陸上自衛隊の配備予定地を初めて明らかにした。自衛隊の南西諸島地域への全配備計画が出そろった形だ。奄美大島から与那国島にかけ、新たに2千人以上の陸自隊員が配備されることになり、地域住民の基地負担の増加は必至だ。一方、中山義隆市長は議論を市議会へ委ねる考え。