沖縄県教育委員会は27日、米軍の新基地建設が計画されている名護市辺野古のキャンプ・シュワブの海岸で見つかった土器などの出土品を、文化財と認定した。シュワブ内では文化財の発見が相次いでおり、基地建設に影響する可能性がある。

名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸

 出土品は土器や石器、陶磁器類など17点。年代は混在しており、古いものでは貝塚時代後期(2千年前~8百年前)の土器片や磨石(すりいし=木の実などをすりつぶす石器)が含まれている。

 文化財「碇石」の発見に伴って名護市教委が10月に付近を調査したところ、辺野古崎周辺や北側海岸一帯の地表から今回の出土品を見つけた。これを受け、県教委が文化財保護法に基づいて鑑定を進めていた。