昨年、県内で75歳以上の高齢者が原因となった車両事故は287件発生し、10年前の180件から約6割増加していることが21日、分かった。県警は75歳以上の運転免許保有者が10年前と比べて倍増したことや、加齢に伴う認知機能の低下などが事故増加の原因とみている。