名護市辺野古の新基地建設をめぐる代執行訴訟で、県の代理人を務める竹下勇夫、松永和宏、加藤裕の3弁護士は27日夕、県庁で記者会見し、県側の主張のポイントを解説した。国内法や自治権の及ばない米軍基地の建設は「国政の重要事項」であり、建設場所などは国会の責任において「法律」で定めるべきだと強調。