防衛省が名護市を飛び越え、新基地建設現場に近い「久辺3区」へ直接的な補助金交付の仕組みをつくった背景には、県内で辺野古反対の民意が強い中、なんとしても“地元”の理解をつなぎ留めたいとの思惑がある。一方、政府から「アメとムチ」を突きつけられた久辺3区は対応に苦慮。