沖縄タイムス創刊70周年プレ企画「夢の種まきプロジェクトMASAマジック小学校巡回事業」が22日、読谷小学校(天久昇校長)であった。

児童の手を借りながらマジックを披露するMASAさん(右)=22日、読谷小学校

 3~6年生の約400人がMASAさんのエピソードから夢を諦めないことの大切さを学び、披露されたマジックを楽しんだ。

 MASAさんはマジシャンを目指したきっかけや米国留学でマジックや英語を勉強した体験を紹介。「夢をかなえる第一歩はイメージすること。本当に好きなものを諦めず頑張ってみて」と語り掛けた。

 6年の比嘉明星(あかり)さん(12)は「将来は漫画の編集者を目指していたけど、絵を描くのが好きだからイラストレーターも考えてみようと思う」と勇気をもらった様子。友寄来玖(らいく)君(12)は「夢へ一直線に向かうことが大切だと学んだ」と話した。

 主催は沖縄タイムス社。協賛は沖縄銀行、ざまみダンボール、ワオ・コーポレーション。