【東京】沖縄タイムス社(豊平良孝社長)と神奈川新聞社(並木裕之社長)は22日、定期購読者向けの電子版相互乗り入れに関する基本合意書に調印した。両紙いずれかの定期購読者は、3月1日からもう一方の新聞の電子版を月額1080円で全て閲覧することができる。同様の仕組みは、地方紙同士では初めて。

基本合意書を交わす沖縄タイムスの具志堅毅東京支社長(左)と神奈川新聞の青木晋デジタルビジネス局長=22日、川崎市・川崎沖縄県人会館

 双方の電子版新聞の販路拡大のために業務提携した。沖縄タイムスを県外読者に発送する場合、通常2日程度かかっているが、電子版は発行日の午前5時から見ることができる。

 両社は同日、川崎市の川崎沖縄県人会館で調印式を行った。神奈川新聞の青木晋デジタルビジネス局長は「神奈川には沖縄出身者が多く住み、深いつながりがある。さらに交流が深められれば」とあいさつ。

 沖縄タイムスの具志堅毅東京支社長は「電子版を通して、互いの故郷に思いをはせてほしい」と話した。