「愛される価値がないと世間が言おうが、私は生きていく、私を肯定して生きていく」。作中の「THIS IS ME」の歌唱シーンに震えが止まらない。

「グレイテスト・ショーマン」の一場面

 伝説の興行師P・T・バーナムが紆余(うよ)曲折を繰り返しながら、上流階級のものでしかなかった音楽や芝居を庶民の楽しみとして定着させ、成功するまでの物語。

 バーナムという人間のずるい所も出しながら、マイノリティーの人たちの才能を発掘し、輝ける場所を演出していく手腕は見事で爽快。

 演じるヒュー・ジャックマンの歌唱力とダンスで引き込まれ、後はショーの中の一団員となって泣いたり笑ったり、地団太踏んだりと楽しく忙しい。「ラ・ラ・ランド」も手掛けた楽曲担当2人の繰り出す音の数々は、見る者を幸せにする力に満ちている。(スターシアターズ・榮慶子)

 ◇シネマQ、シネマライカム、ミハマ、サザンで上映中