【東京】舞台の「裏方さん」(舞台技術者)の功績をたたえる第21回「ニッセイ・バックステージ賞」(主催・ニッセイ文化振興財団)の贈賞式が27日、東京・有楽町の日生劇場であり、舞台美術・背景画家の新城栄徳さん(77)=浦添市=に賞状や盾などが贈られた。新城さんは「素晴らしい賞を頂いた。今後も役者や関係者の皆さんと協力しながら舞台美術の制作を続けていきたい」と意欲を示した。

ニッセイ・バックステージ賞を受賞した新城栄徳さん(前列左)と兄の喜一さん(同右)=27日、東京・有楽町の日生劇場

 新城さんは約半世紀にわたって沖縄芝居の舞台美術を担い、沖縄芸能の保存と継承に貢献してきたことが評価された。現在、沖縄芝居美術を支えるほぼ唯一の現役として活動している。

 式では、沖縄の風景画家で沖映演劇に勤務時代、ともに舞台美術を担当した兄の喜一さん(82)も登壇し、喜びを分かち合った。会場には、東京沖縄県人会や東京琉球舞踊協会の関係者らも駆け付け、新城さんの受賞を祝った。

 県内からの受賞は1998年の結髪の小波則夫さん以来2人目。