【東京】防衛省は23日午後、名護市役所に幹部職員を派遣し、渡具知武豊市長に辺野古の新基地建設を巡る状況を説明する。渡具知氏の就任後初めてで「国と県の裁判の行方を注視する」と新基地建設への態度を明確にしていない新市長の理解を得たい考えだ。 辰己昌良審議官と中嶋浩一郎沖縄防衛局長が出席。