大伸座(大宜見しょうこ代表)の沖縄芝居「丘の一本松」「米を作る家」公演が18日、北谷町のちゃたんニライセンターであった。両作品とも大宜見小太郎作、八木政男監修で北谷町が舞台の親子の人情劇。中堅・若手主体で配役され、軽快なアクションやお笑いをはじめ細やかな演技で親密な人間関係を表現した。