沖縄県出身7人組ダンスボーカルグループ、チューニングキャンディーが3月21日、CDシングル「ダンス・ウィズ・ミー」で全国デビューする。2月18日に那覇市のパレットくもじ前でお披露目のミニライブを行い、新曲とキレのあるダンスを披露した。

歌とダンスのステージを披露したチューニングキャンディー=那覇市・パレットくもじ前

 メンバーは琴音、LILI、愛子、千夏、優美香、ゆうり、リーダーのソフィーの「キャッツアイタレントスクール」生の7人。2016年に沖縄県警のキャンペーンポスターに起用され、脚光を浴びた。デビューシングルはメンバーそれぞれのダンスやボーカルを強調したリズムのいい楽曲。各自が身長160センチ以上の長身を生かして、ステージいっぱいに、笑顔のパフォーマンスを繰り広げた。

 メジャーデビュー後は活動の拠点を東京に移す。クールなダンスの一方で、親しみやすいキャラクターもグループの魅力の一つ。優美香は「沖縄を代表するグループだと言われるよう頑張りたい」と抱負を話す。ソフィーは「不安もあるが、みんなで手を取り合って東京で結果を出したい」と意気込んだ。

 メンバーそれぞれモデルとして活動してきた経歴があり、今後はグループはもちろん女優や声優、バラエティー番組などにも挑戦する。