屋良朝春さんが那覇市久茂地にあった画廊の主任をしていた時に初めて出会い、50年以上の付き合いになる。お互いに沖展に作品を出品し、彼は具象画、私は抽象画で作品や美術についていろいろと話をするようになった。