【宜野湾】米軍普天間飛行場周辺で県と宜野湾市が実施する騒音測定で21日、上大謝名公民館で100デシベル超が7度測定された。最大値は車の前方2メートルのクラクション音に相当する115・1デシベル。同日、飛行場ではFA18戦闘攻撃機の飛来が確認され、離着陸がそれぞれ6度あった。