【うるま】第8回ゆいゆいウォーク環金武湾ウォーキングフェスタ最終日は29日、沖縄県うるま市の具志川ドームをスタート・ゴールに開かれ、5~30キロの4コースに計609人が参加。最終日は与勝半島ルートで、世界遺産の勝連城跡や海風が爽やかな海中道路などを楽しみながら歩いた。主催は同実行委員会、共催は沖縄タイムス社など。

険しい下り坂の「緑のトンネル」を抜け満面の笑顔=29日、うるま市・勝連城跡

 うるま市石川の伊波智美さん(44)は、娘の結菜さん(8)と5キロに参加。「歩きながら、子どもとゆっくり話せてよかった」と笑った。東悟さん(62)、智子さん(62)夫妻=同市安慶名=は「海風や自然が気持ちよかった。元気なうちは歩き続けたい」と充実した様子。少年野球チーム約30人で参加した山城俊也君(12)=伊波小学校6年=は「ちょっと暑かったけど、皆で歩けて楽しい。もう1周できるよ」と元気よく話した。