新基地建設問題を抱える沖縄県名護市の市長選の結果を巡り、沖縄県議会2月定例会で各会派が火花を散らしている。与党が新市長が辺野古の賛否を示さず当選したことを批判する一方で、新市長を推薦した野党・中立は市民の総合的な判断などと主張した。