浦添市が2018年度から年間所得180万円以下の世帯を対象に、小中学生の給食費を全額補助する方針であることが23日、分かった。松本哲治市長が市議会定例会の施政方針で発表した。対象となるのは、市立小中学校に通う児童生徒で、保護者の年間の合計所得額が180万円以下の世帯。2017年分の所得で計算する。

 市は16年度から年間合計所得180万円以下の世帯を対象に、小中学生の給食費の半額補助を実施してきた。

 市の給食費は小学生が月4200円、中学生が月4600円。給食費補助の認定を受けた場合、児童生徒1人につき小学生は年額4万6200円、中学生は年額5万600円が補助される。4月から各学校で申請書を配布する予定。