この歌集は1986年に出た『沖縄』と、2003年の『桃原 沖縄2』を編集し直して、合わせて新装版として出版されたものである。出版への思いを息子の桃原良次氏が、出版に至るいきさつを久我田鶴子氏(月刊誌「地中海」編集)がそれぞれ書いている。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。