金武湾一帯の雄大な自然を舞台に28、29の両日開かれた「第8回ゆいゆいウォーク環金武湾ウォーキングフェスタ」。自分のペースで歩いて楽しめる大会で、子どもからお年寄りまで多くの人が参加した。金武町の田芋畑や宜野座村の鍾乳洞、うるま市の海中道路などを巡り、絶景を満喫。仲間とおしゃべりをしたり、写真を撮ったりしながら歩き抜いた。(写真部・松田興平、長崎健一)

「まだまだ元気」。5キロ地点の勝連城跡を軽やかな足取りで歩く参加者=29日、うるま市勝連南風原

田芋畑が広がる田園風景を楽しみながらゆっくりと歩く=28日、金武町金武

10キロの完走を目指し元気よくスタートする参加者=28日、金武町金武・ネイチャーみらい館

5キロを無事完歩し喜び合う子どもたち=28日、金武町金武・ネイチャーみらい館

冷たい水で汗を洗い流し気合を入れる子ども=28日、金武町・金武大川

「まだまだ元気」。5キロ地点の勝連城跡を軽やかな足取りで歩く参加者=29日、うるま市勝連南風原 田芋畑が広がる田園風景を楽しみながらゆっくりと歩く=28日、金武町金武 10キロの完走を目指し元気よくスタートする参加者=28日、金武町金武・ネイチャーみらい館 5キロを無事完歩し喜び合う子どもたち=28日、金武町金武・ネイチャーみらい館 冷たい水で汗を洗い流し気合を入れる子ども=28日、金武町・金武大川