沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古海域のハマサンゴに「食害」と沖縄防衛局 県「判断は困難」

2018年2月25日 12:08

 沖縄防衛局は22日、移植に向けて準備を進めていた名護市辺野古の新基地建設の埋め立て海域内に生息する絶滅危惧種「オキナワハマサンゴ」1群体の一部に、「食害」の跡が確認されたと発表した。防衛局はそのほかの部分は健全だとし、「環境監視等委員会の委員の意見も踏まえた上で今後適切に移植を行う」とコメントした。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム