来春卒業予定の看護学生や転職・復職希望の看護師を対象に「病院合同説明会」(主催・沖縄タイムス社)が24日、宜野湾市のカルチャーリゾートフェストーネで開かれた。国公私立病院・法人など県内外から24医療機関がブースを設け、病院の特色や働く環境、待遇を説明した。学生ら約200人が参加し、気になる病院のブースに駆け寄って熱心に担当者の話を聞いていた=写真。

病院担当者の話を熱心に聞く学生ら=24日、宜野湾市のカルチャーリゾートフェストーネ

 県立看護大3年の宮城茉希さん(22)は「理想の看護師像を思い描いて、自分の持ち味、長所を出していける病院を選びたい。国家試験に向けても早めに取り組んでいく」と意気込みを話した。