ナショナルチーム同士の対戦となった男子団体形決勝は、結成7年目の喜友名諒・金城新・上村拓也(劉衛流龍鳳会)の県勢トリオが迫真の演武でプレミア4度目の頂点に立った。個人との2冠を成したリーダーの喜友名は「思いきり演武し、楽しむことを心掛けた。昨日よりも多くの声援を頂いた」と喜びをかみしめた。