沖縄県名護市の渡具知武豊市長は26日までに、稲嶺進前市政で実施してきた毎月の定例記者会見を廃止すると決めた。市秘書渉外課は「(渡具知市長)本人の意向もあり、今後定例会見を開く予定はない」としている。

報道陣の質問に答える渡具知武豊名護市長=2月23日、名護市役所(資料写真)

 8日に就任した渡具知市長の初の定例会見は当初14日に予定されていたが、日程の都合を理由に中止となっていた。

 定例記者会見は島袋吉和市長時代(2006~10年)も無かったが、稲嶺前市長は市主催のイベントや市政情報を会見の場で発信し、報道陣には自由に質問できる時間も設けていた。