渡嘉敷村の慶伊瀬島(通称チービシ)のクエフ島北西海岸で男女2人が潮に流され、那覇市の女性(40)が行方不明となった事故で、那覇海上保安部は30日、漂流していた女性を同日午前、約7キロ離れた那覇港沖で発見し、無事救助したと発表した。29日正午すぎの漂流から約19時間後の救助。女性は本島南部の病院へ搬送されたが意識はあり、生命に別条はないという。   

 那覇海保によると女性は仲間4人で慶伊瀬島沖にヨットで訪れ、午後0時20分ごろダイビングを開始。その直後、潮に流された男性(66)を助けようと海へ入り約500メートル離れた地点で合流できたが、そのまま行方が分からなくなった。

 男性は約3時間後に現場から南西約7キロメートルの海上で無事発見されたが、女性は見つからず那覇海保が捜索を続けていた。30日午前7時55分ごろ、神山島灯台の南東4キロ沖合で民間タグボート「第8大王丸」が女性を見つけ、救助。那覇海保がヘリなどで搬送した。

 女性は発見時、黒のウエットスーツ姿で、緊急時に空気を入れ膨らませ浮くことができる「BCジャケット」も身に着けていた。搬送時、意識ははっきりし自力歩行もできたという。