【名護】沖縄戦で南部をさまよい、親戚ら12人のうち2人だけが生き残った名護市の具志堅和子さん(88)と大城愛子さん(86)の姉妹が11月11日、手記を出版した。タイトルは「忘りてぃやならん 戦世の哀り-和子・愛子の沖縄戦記」。 A5判101ページで、2人の証言を交互に紹介する。