沖縄美ら島財団は「『春咲へひとっ飛び!』プロジェクト沖縄やんばる花めぐりin神戸」と題して、神戸市の神戸三宮センター街や神戸マラソン会場で11月14日から2日間、やんばるの魅力を発信した。国頭、東、本部、名護、伊江の5市町村とソラシドエアを運行するスカイネットアジア航空、沖縄観光コンベンションビューローなどが参加した。

神戸マラソン会場でやんばるをPRした北部5市町村の担当者ら=神戸市内

 初日の三宮センター街は8万人の人通りでにぎわう日本一のセンター街。琉球國祭り太鼓の力強いエイサーや各市町村担当者がポスターを手にそれぞれの魅力を伝えた。

 本部町ミスさくらの安里香南さんと石川紀代乃さんは「1月から桜が咲き始め、3月にはツバキ、4月にはテッポウユリが咲き、皆さんをお迎えします。沖縄旅行の際には、やんばるへお越しください」とPRした。

 特産品やソラシドエアの往復航空券が当たる抽選会で盛り上がった。(島袋裕次通信員)