【名護】名護市の渡具知武豊市長と防衛省の辰己昌良官房審議官が23日、名護市役所で面談した。辰己氏は新基地建設工事の進捗(しんちょく)状況などの説明に終始し、市が新たな財源として期待する再編交付金や今後の基地建設に関する話は出なかった。渡具知市長は相次ぐ米軍機のトラブルに対する懸念を伝えた。