東京商工リサーチ沖縄支店は23日、県内企業の社長の平均年齢調査の結果を発表した。2017年の県内社長の平均年齢は前年比0・08歳下がって60・3歳となった。全国的に社長の平均年齢が上昇する中、統計のある2009年以降、初めて低下。年代別の構成比を見ると40、50代が増え、60代が減った。