【東京】佐喜真淳宜野湾市長は1日午前、内閣府に島尻安伊子沖縄担当相を訪ね、普天間飛行場の1日も早い閉鎖・返還と、同基地所属のMV22オスプレイの移駐などを求める抗議・要請文を手渡した。市関係9団体の連名で代表らも同行した。

島尻安伊子沖縄担当相(右から2人目)に抗議・要請書を手渡す佐喜真淳宜野湾市長(同3人目)=1日午前、内閣府

 佐喜真市長は「宜野湾市民の置かれている厳しい現状を直視し、要求事項を最優先に取り組み、速やかに実現すること」と求めた。

 島尻氏は「政府としても問題解決に動いているところ。防衛、外務など各所管大臣にしっかり話をしたい」と話した。

 市長らは同日、菅義偉官房長官や岸田文雄外相、中谷元・防衛相らにも同様の要請をする。