【東京】中谷元・防衛相は1日午前の閣議後会見で、米軍普天間飛行場の周辺上空の米軍機に対しレーザー光とみられる光線が照射されていた問題で、防衛省も米側からこれまでに計5回の照射があったと報告を受けていたことを明らかにした。

中谷元・防衛相

 中谷氏によると、直近の事案は10月30日午後6時8分ごろ、普天間飛行場へ進入する米軍機に当てられた。米側は「大変危険な行為だ」と懸念を示し、日本政府へ対応を強く迫ったという。

 中谷氏は「レーザー光線の照射はパイロットの操縦の障害につながる大変悪質な行動。墜落などの大惨事にもつながる」と懸念を示した。その上で、県警、沖縄防衛局など関係機関と連携し、通報態勢の構築など防止対策の検討を行っていることを明らかにした。

 5回の照射はいずれも普天間飛行場周辺上空の米軍機に向けられたもので、オスプレイは含まれていないという。