在沖米軍は21日、米軍普天間飛行場所属の航空機整備員が昨年、大量に退職したとの情報を否定した。本紙の質問に「過去1年間、民間の整備員の大量退職はない」と回答した。